梅雨の時期の湿気対策には、コーヒーの出がらしや重曹を

日本の梅雨の時期は、湿気がこもってしまいますね。

梅雨の湿気は、カビなどの発生の大きな原因の一つになります。

カビは、アレルギーや喘息などを発症する恐れがあるので、十分に注意が必要でしょう。

これから簡単に湿気を取り除く方法を紹介します。

まずは、コーヒーを抽出した後に残る出がらしです。実は、ドリップ式のコーヒーの出がらしを乾燥させてから、除湿剤として使用することが出来ます。

コーヒーの出がらしを使用した除湿剤は、主に靴箱や食器棚などに対する除湿に向いています。カビの予防対策は、除湿剤として効果が期待できるのはコーヒーの出がらしを使用するのをお勧めします。

重曹も梅雨の湿気の対策には効果的です。重曹とは、頑固な汚れを落とす時に役立ちます。重曹を除湿剤として利用をする際には、未使用のビンに重曹を入れておくだけで、除湿の効果を期待することができます。

台所や冷蔵庫・押入れなど湿気がたまりやすい場所に重曹が有効なのだということです。

また、ガーゼなどの通気性が良い薄い布を被せてガムテープや輪ゴムで留めることをお勧めします。

固まってしまった重曹はお湯に溶かせば、トイレや浴室などの掃除をする時にも、使用することができますよ。キレイモ コース