今年の花火大会では西日本豪雨の災害の嫌な思い出を吹き飛ばし新しい生活の出発点として欲しいものです

今年も夏祭りを彩る花火大会の季節がやって来ました。早い地域では、先週の土曜日に、ドンドンと打ち上げ花火の音が聞こえていましたので、花火大会が既に開催されたところもあるようです。このように私の住んでいる瀬戸内地方では、目の前が海なので周りにある隣の市の島などで開催される打ち上げ花火の音が聞こえてくるのです。ところで三年前までは私の市での花火の打ち上げ場所が、私の住んでいる場所からは山が遮る形となって花火は見えず音も聞こえませんでした。ところが一昨年から打ち上げ場所が変更となった為、私の住んでいる場所でも花火や音も、自宅前の道路から眺めて楽しめるようになりました。夜空一面を焦がすような大輪の花火を見ると心が癒される気持になります。またその大輪の花火が弾ける音は大迫力で、それは耳の鼓膜を震わせ頭の中まですっきりするほど気持ち良さを感じさせるものです。今年は夏祭りの開催時期が西日本豪雨により各所で被った被害などを考慮して、開催時期が延期されると聞いていますが、私個人としての考えとしては、この花火大会を契機にして、災害のいやな思い出を吹き飛ばし新しい生活への出発点として欲しいものだと思っています。

これが流行る傾向もあると言う事になると思われているが

6月も中旬が過ぎて蒸し暑い日が続きますが学校ではこの授業も始まっている所もある。
それが「水泳」の授業が始まっていると言うが実はこの病気が鹿児島県内で流行っているらしい。

「プール熱」と言いまして目など痛みがある事でこの病状が起きている。
この病気は喉や高熱が発病すると言う事になるが実は目も影響があると言うらしい。

この様な事が起きるのは普段利用しているプールなどに影響があると言う事になる。
外でプールをすることだけでなく室内でもこの様な病気があると思われている。

今から学校の授業などで利用する所があると言うがこれから対策が必要となると言う事になるがこの様にしておくことが大事だと思っている。
バスタオルは個人で利用する様にしておく。

これは共同で利用している人もいますがこの様な事は避けるべきだと思っている。
また、消毒やシャワーもしっかりする事でこの予防策が出来ると言う事になる。

消毒はこうした入る前だけでなく普段利用している所にも消毒はしておく必要があると言う事になる。
特に更衣室のドアノブやタオルもしっかりと消毒はする事もだいじだと思われている。

これからこうした時期にななるので両方ともしっかりする所だと思っているのです。http://www.fndg.co/omatome-merit.html