映画の「マグノリアの花たち」を観ました。

今日、映画「マグノリアの花たち」を観ました。以前からタイトルだけは知っていました。そして、女優さんが何人も出ているのも知っていました。観てみたら、想像していたよりも、悲しいストーリーでした。ジュリア・ロバーツが糖尿病で、子供を産むんだけど、腎臓が悪くなり、お母さんから腎臓を移植するんだけど、亡くなってしまうというストーリーです。全体的にはコミカルに明るく描いているのが、逆によけいに胸を打ちます。シャーリー・マクレーンが出ていました。「愛と追憶の日々」っていう映画、良かったなあ。やはり娘が亡くなってしまうストーリーです。サリー・フィールドがジュリア・ロバーツのお母さんの役でした。あと、ドリー・パートンも出ていました。ダリル・ハンナも。もう20年以上前の映画なんだろうな。ジュリア・ロバーツが「プリティ・ウーマン」に出ていた頃ぐらいかな?懐かしい。そして時の経つのはあっという間です。映画の中のアメリカの田舎の景色が懐かしい。ああいう映画をたくさん観ていました。観ていた私も若かった。今よりも、映画の中の世界が遠い憧れだった。

スマホに変えてから視力が低下してしまいました

ずっとガラケーにこだわっていて、まわりのみんながスマホに変えても自分だけはガラケーを貫き通してきました。しかしとうとう5年も使ったガラケーが壊れてしまい携帯ショップにいくと案の定スマホをすすめてきました。ガラケーはあまり販売されていないらしく種類もなく価格も結構なお値段がしていました。ですから安いスマホを買うことにしたのです。人生初めてのスマホデビューです。でももう中年なのでとにかく使い方がわかりません。画面も小さいし目が疲れますよね。でも慣れてくるとやはり使いやすく便利な機能がたくさんありました。方向音痴なのでグーグルマップは便利です。乗り換え案内は最高ですね。電車の時間や乗り場、運賃まで出てすごく楽ちんになりました。ニュースもすぐに出るしスマホ依存になりそうです。しかし問題は視力の低下です。この前検診で目が悪くなっていました。絶対にスマホが原因だと思います。ずっと目がいいことが自慢でしたが、ショックでしたね。