手元から無くなるとまた欲しくなるものなのでしょうか

先日iPod touch6を買って3か月も使わずに売却しましたが、手元から消えて無くなってしまうとすごくもったいないことをしてしまったような気がしてくるから不思議です。私には4インチ液晶は扱いにくいばかりか単に見ずらい端末でしかありませんでした。
音声認識も最強との噂とは裏腹にANDROID端末と大差ないと思われたのですが手元からなくなってしまうと大きな喪失感を感じてしまいまうのはどういうわけでしょうか。
今、AQUOSPHONEの205SHの音声認識を使って書いてるのですがiPod touch6が無くなってしまうと、205SHがまたもや使えない端末に思えてしまうから困ったものです。
iPod touch6と比較しても205SHは遜色ないと思えたので、iPod touch6の方を売りとばしたのですが今はなんかすごくもったいないことをしてしまったかのように思えてなりません。
ただどう考えてもiPod touch6の方が絶対的に性能が高かったはずですからまた気が変わって、再生品でもいいから傍においておこうと再び購入する可能性すら感じてしまいます。アイフル ローン シュミレーション